マジメな話

2020春「ワクワクをふやす」新体制スタート

2020/4/1

目次

  1. わたしたちが目指す世界
  2. スピードとパフォーマンスを高める組織へ
  3. しなやかで強い企業文化の醸成
  4. 新役員からのご挨拶

わたしたちが目指す世界

ソルトワークスは、2020年4月、さらなる事業成長へ向けてミッション・ビジョンを再構築し、役員の異動を含む新しい経営体制がスタートしました。

ビジネスの外部環境はいま、誰も予想し得なかった新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、大変難しい状況におかれています。

あるひとつの事象が世界規模で動き、一歩先が不透明で不確実な時代であることを目の当たりにしている現在、「世界・地球」をひとつの単位ととらえ、スピード感をもって行動しなくてはならない、と強く感じています。

幸いにも弊社ソルトワークスは、強みである年賀状関連Web事業で大変多くのお客様にサービスをご利用いただいており、継続的に安定した収益をあげることができています。

そういった状況だからこそ、2020年はソルトワークスがさらに発展するための基盤を作る一年にしたいと考えています。既存事業ではさらにお客さまにご満足いただけるようアップデートを重ねつつ、今期からは新規事業にも積極的に取り組み、事業基盤を強固なものとし成長スピードを加速させます。

世界の「ワクワクをふやす」ことをソルトワークスのミッションとし、ビジョン「デザイン×テクノロジー=感動 感動を世界に届ける」の実現を目指してまいります。

わたしたちがワクワクしてデザインし作り込んだものが、世界をワクワクさせる、ひとりひとりの人生に豊かな彩りをそえていく、これがわたしたちが目指す世界です。

スピードとパフォーマンスを高める組織へ

今回わたしたちが実現することは

・最適なタイミングでスピーディーに意思決定を行う体制作り
・メンバー一人一人の強みが活かされてパフォーマンスが最大化していく企業文化の醸成

この2点です。

新役員の就任と組織変更

この度、新しく以下2名が役員に就任いたしました。

執行役員 CSO(chief strategy officer)亀井 渉

執行役員 COO(chief operating officer)林 研

亀井は新規事業の立ち上げと推進を主導、林は既存事業の執行役として尽力し、CEO 鶴尾と三位一体となり、それぞれの強みを最大限活かしたスピード感のある経営を行います。

組織全体としては、役員・GM・マネージャーとあった複数階層を改め、役員→チームリーダー(7つの小さなチーム)へと変更し、意思決定と実行までのスピードアップを推し進めます。

また、メンバーの主体性を尊重したチーム制にし、相互支援によって個とチームの成長スピードを高めることを重視します。

しなやかで強い企業文化の醸成

しなやかに強く事業環境に対応できる企業文化の醸成を目指す取り組みとして、ビジョン・ミッション・バリュー・行動指針を再構築しました。上記の組織変更とあわせて、役員とチームリーダー・メンバーがダイレクトに関わり、行動の質量を変化させ大切にする価値を共有することで、文化の醸成を強くします。

経営理念

新たな経営理念は「ワクワクをふやす」です。お客さまのワクワクも、自分たちのワクワクもどちらも大切にするのがソルトスタイルです。 

事業ドメイン

事業ドメインはこれまで通り。大切な想い出から、楽しい・うれしい・幸せといった感動を生み出します。

ビジョン

ソルトワークスは、新規事業の立ち上げから、店舗/商品開発・運営までを一貫して行うことのできる体制とノウハウを持っており、100万人以上が利用するWEB/アプリサービスを運営しています。

それらのノウハウと、ハイクオリティなデザインコンテンツを生み出すことができる強みを活かして目指すのは「世界」。世界を市場としたサービスの企画開発をすすめてまいります。

バリュー

スタッフが日々仕事をする中で、どう考えたら良いか迷った時にすぐ行動に移すことができる・バリューに沿った行動を続ければ自然とビジョンに向かっている、そんな目線で明文化した、ソルトワークスらしいバリューとなっています。

新役員からのご挨拶


亀井 渉
執行役員CSO/新規事業推進専任担当役員

1996年 室蘭工業大学大学院卒業後、建築設計事務所に入社
2000年 得意な企画やCG制作を活かすため、映像クリエイターとして独立
2003年 映像とWEB制作事業の会社を設立、取締役就任
2009年 ソルトワークス立ち上げ直後に入社、現在の基礎となる事業を企画推進
2015年 執行役員COO 就任、年賀状事業のグロースを担当
2020年 執行役員CSO 就任


『3年で100のWEB新規事業』を立ち上げよう!と始まったソルトワークス黎明期。そのアイデアをひたすら考えて実行していくのが私の役割でした(笑)。誰もが無謀な挑戦!というくらい、本当に無謀でした。やる気みなぎる数名の仲間に恵まれ、幸運にもWEBによる年賀状事業で会社を大きく成長させることに貢献できました。

しかし事業が大きくなると、同時にそれを維持するための守りの力学も大きくなります。今回の新体制はまさにそれを自ら打ち破っていくフェーズに入る意思表明。生み出したアイデアを日本を越えて世界に発信していくためには、「ちょっとやんちゃかな?」というくらいの無謀さが必要で、そのノリを作っていくのが私の役割と考えています。

このネットが発達した世の中、自ら本気で良いと思うものを発信できれば、たとえニッチでもそれに共感していただけるファンが世界に広がり、収益は必ずついて来ると信じています。本気のアイデアマンで溢れかえるワクワクする場所、そんなソルトワークスにしていきたいと思っています。


林 研
執行役員COO/最高執行責任者

1991年 北海学園大学卒業後、ソフトウェアエンジニアとして開発会社に入社
2004年 いくつかの転職を経て、ITベンチャー会社を設立
2007年 東京のITベンチャー 株式会社コネクトテクノロジーズ 札幌支社マネージャ就任
2010年 札幌支社閉鎖に伴い、ITベンチャー会社を再開
2017年 ソルトワークスの新規事業立ち上げに開発メンバーとして参画
2020年 執行役員COOに就任


2017年からはじまった新規事業にひたすら没頭しつつの3年間、プロジェクトの仲間たちと一緒に数々のイベントを経験してきました。

これからはソルトワークスのみんなが、仲間たちととともに楽しみながら目標に向かって進んでいける組織にしていきたいと思っています。

一つ一つの仕事が、担当するみなさんにとって楽しめるものになって欲しい!

その結果、会社が楽しい場所になって欲しい!

そんなことが実現できるように、誠実にいたいと思っています。